自動波長掃引 フェムト秒レーザ   :特長

Chameleon

(カメレオン)

NEW! 統合出力制御機能(TPC)搭載モデル

マルチフォトンレーザ顕微鏡用光源として最適な自動波長チューニング方式のフェムト秒レーザです。励起レーザ、およびモードロックTi:Sを一体型のコンパクト筐体に完全密閉すると共に、空気循環器を設け、キャビティ内部をクリーンルーム化することで、660 ~ 1320 nmの広範囲に渡り、最適化されたフェムト秒の光をご利用いただけます。さらに、Chameleon Compact OPO シリーズと組み合わせることで、より広範囲(680~4000 nm ※)の連続波長可変が可能です(Chameleon UltraII使用の場合)。Fanned PP結晶の採用により、デュアル波長チューニングを可能にし、OPO波長と励起波長を独立して自由自在な波長チューニングを実現します。※一部1600 ~ 1750 nmの範囲は発振いたしません。 

最新モデル Chameleon Discovery

多光子励起顕微鏡向け 2波長出力 ハイパワーフェムト秒レーザです。
Chameleon Discoveryの2つの出力は共にハイピークパワーで、第1出力は短パルス100 fs、最大出力1.6W、660 ~ 1320 nmの波長域を連続掃引し、第2出力は波長1040 nmにおいて、出力3.5Wを発振します。内蔵の群速度分散補正機能により、サンプル上で最大のピークパワーを維持することが可能です。
  • ハンズフリー操作
  • 広帯域(660〜4000 nm)連続波長掃引*
    (*Chameleon UltraIIとChameleon Compact OPOを組み合わせた場合。ただし、1600 nm ~ 1750 nmの範囲は発振いたしません。
  • 高出力 (1.6W @ 800 nm/3.5W @ 1040 nm)
  • 2波長同時出力(Chameleon Discovery)
  • 高速波長掃引 ( >50 nm/s)
  • 波長計及び湿度計内蔵
  • AAA(アルミニウムフリー)LDを採用し、長寿命化を実現
  • 各種蛍光プローブに対応 (Indo-1からmCherryまで)
  • SHG/THG、OPOとの組合せも可能
  • 群速度分散補正機能
  • Fanned PP結晶を採用することで、デュアル波長チューニングを可能にし、OPO波長と励起波長を独立して自由自在に波長チューニング可能*
    (*Chameleon Compact OPO / OPO-Visと組み合わせた場合。

Chameleon Discovery レーザ出力(典型値)

Chameleon Discovery レーザ出力(典型値)

Chameleon Discovery パルス幅(典型値)

Chameleon Discovery パルス幅(典型値)

2波長出力 蛍光イメージング例 (Chameleon Discovery使用)

波長 890 nm と1040 nm で励起したEGFPとtdTomatoのイメージング
*Image courtesy of Prof. Kurt Anderson and Ewan Macghee (Beatson Institute for Cancer Research, Glasgow UK).

2波長出力 蛍光イメージング例 (Chameleon Discovery使用)

Chameleon Vision-S ピークパワー(典型値)

Chameleon Vision-S ピークパワー(典型値)

群速度分散補正システム一体型モデル Chameleon Vision

  • マルチフォトン顕微鏡応用に最適
  • GVD補正機能内蔵(0〜47,000 fs2@ 680 nm)
  • 波長可変領域: 680〜1080 nm
  • 出力: 3W@800 nm

群速度分散補正の範囲(最大)

Chameleon 群速度分散補正の範囲(最大)

オプション
自動分散補正システム Chameleon PreComp
PCコントロールで、群速度分散 (Group Velocity Dispersion: GVD)を補正します。
■可変アッテネータ
レーザ光の出力を調整します。
チューニングカーブ(典型)

Chameleon Vision I, II

Chameleon チューニングカーブ(典型)

チューニングレンジ(典型)

Chameleon Ultra II とChameleon Compact OPO-Visの組合せ

Chameleon チューニングレンジ(典型)

システム構成図 (ChameleonとChameleon Compact OPOの組合せ)

システム構成図 (ChameleonとChameleon Compact OPOの組合せ)

小腸神経細胞の多光子励起イメージング例(Chameleon Vision II使用)

サンプル: 遺伝子改変マウスの小腸 *画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

小腸神経細胞の多光子励起イメージング例(Chameleon Vision II使用)

埼玉大学 脳末梢科学研究センター センター長 中井淳一教授(M.D., Ph.D.)ご提供

深部生体組織イメージング例 (Chameleon Ultra使用)

Baylor CollegeのJim Culver氏、
Mary Dickinson氏ご提供

2光子蛍光イメージング例 (Chameleon Vision II使用)

波長1080 nm(対象物レンズ後20 mW)を使用した、マウスの脳の血管に
蛍光色素Alexa Fluor 568で染色した際の画像

理化学研究所 宮脇研究室 河野博士 ご提供

2光子蛍光イメージング例 (Chameleon Vision II使用)

二光子レーザー顕微鏡による脳深部イメージング。アストロサイトにGFPを発現したラットの脳の画像

2光子蛍光イメージング例 (Chameleon Vision II使用)

埼玉大学 脳末梢科学研究センター センター長 中井淳一教授(M.D., Ph.D.)ご提供

2光子蛍光イメージング例 (Chameleon Ultra使用)

生後2週間のウィスターラット・小脳急性スライス標本内のプルキンエ細胞を、
Calcium green1で染色し、800 nmで2光子励起したイメージング

2光子蛍光イメージング例(Chameleon Ultra使用)

玉川大学 脳・神経システム科学研究室 小島博士 ご提供

Coherent products in bio-application

本仕様は予告なく変更される場合がございます。仕様及び製品保証の詳細条件については、ご契約時に必ずご確認ください。