• HOME
  • プレスリリース
  • 高出力と優れたビーム質のCW可視ダイオードレーザモジュールをリリース

高出力と優れたビーム質のCW可視ダイオードレーザモジュールをリリース

2017年1月31日

コヒレント・ジャパン株式会社

コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ)は、2017年1月31日DILAS社(現コヒレント)のCWファイバー出力ダイオードレーザモジュールのラインアップを拡張し、波長520 nm、出力2Wのグリーンモデルと波長638 nm、出力1.4Wのレッドモデルの2種をリリースした。Coherent | DILAS独自のマルチシングルエミッター技術を用いたOEMモジュールは、高効率と優れたビーム質を提供する。両モデルともNA0.22の200 µm ファイバー(SMAコネクタ付き)を採用することで、簡単にコリメーションでき、小径への集光や高いビーム強度が実現する。コンパクト設計(17 mm x 30 mm x 62 mm)、ファイバー出力、接触冷却および内部NTC温度センサーを兼ね備えているため、ライフサイエンス、マシンビジョン、その他のOEM応用の幅広い装置やシステムへの組込みが容易となる。

DILAS社独自のモジュール構造は、いわゆる出力とカップリング効率のトレードオフの問題を回避し、独自のビームコンバイナーとビーム成形オプティクスを用いて、複数のシングルエミッターの出力を1つのファイバーに結合することに成功している。その結果、高いカップリング効率で、複数のエミッターを採用したため、マルチエミッタのバーの構成よりも高い出力のモジュールが実現した。また今回の新モジュールは、既存のUV(405 nm)とブルー(450 nm)モジュールと同じ光学設計で製造されている。

UVからRGB波長領域までモジュラープラットフォームのレンジを拡張することで誕生した、新しい高パフォーマンスの可視レーザは、マルチWのグリーンもしくはレッドの可視光が必要な多数のフォトニクスおよびバイオフォトニクス応用に理想的である。例えば、共焦点顕微鏡、ドラッグディスカバリー、アレイリーダー、多波長フローサイトメトリー、光線力学療法(PDT)、白色光発生、チタンサファイアレーザの励起などの用途である。

お客様からのお問い合わせ先

コヒレント・ジャパン株式会社 営業部
TEL:03-5635-8700
E-mail: sales.tokyo@coherent.com

プレス・報道関係者からのお問い合わせ先

コヒレント・ジャパン株式会社 マーケティングコミュニケーション部
TEL 03-5635-8722
E-mail: marcom.tokyo@coherent.com

※このページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。仕様等、最新情報と異なる場合がありますので、予めご了承ください。