• HOME
  • プレスリリース
  • イオンレーザの置き換えに最適な単一周波数発振 全固体CW可視レーザをリリース

イオンレーザの置き換えに最適な単一周波数発振 全固体CW可視レーザをリリース

2012年5月 9日

コヒレント・ジャパン株式会社

コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2012年5月9日 長寿命連続発振可視レーザGenesis MXシリーズの縦単一周波数発振モデルGenesis MX SLMをリリースした。

イオンレーザの置換え光源として開発された本モデルは、全固体レーザ技術を採用し、460 nm, 480 nm, 488 nm, 514 nm, 532 nm, 561 nm, 577 nmなどの主要な波長において、500 mWから 1Wまでの出力を実現する。また100メートル以上のコヒーレンス長に相当する線幅<5 MHzの単一縦モードかつシングル横モード(TEM00)で発振し、用途に応じ、エンドユーザ用とOEM組込み用の両タイプを取り揃えている。

Genesisシリーズは、コヒレント社独自のOPSL(光励起半導体レーザ)技術を採用しており、可視領域で必要とされる波長での発振や高出力化のニーズにも対応する。小型で、光変換効率が高いことに加え、他の可視レーザと比較し、優れた安定性と信頼性を実現している。さらに、長期の連続使用においても、モードホップフリー動作を実現する。

Genesis MX SLMは、高解像度ラマン分光や干渉応用、ホログラフィーなど、狭線幅ないしは長いコヒーレンス長が厳しく求められる用途に最適であり、イオンレーザの理想的な置き換え光源である。

アプリケーション

  • 高解像度ラマン分光
  • 干渉応用
  • ホログラフィー

特長

  • 小型ヘッド設計、低消費電力
  • 縦単一周波数発振(線幅:<5 MHz)
  • 優れた空間モード、低ノイズ
  • 完全メンテナンスフリー、長寿命

お客様からのお問い合わせ先

コヒレント・ジャパン株式会社 産業用レーザセールスグループ
営業統括マネージャー 山崎 達三
TEL:03-5635-8700
E-mail: sales.tokyo@coherent.com

プレス・報道関係者からのお問い合わせ先

コヒレント・ジャパン株式会社 マーケティングコミュニケーション部
マネージャー 間瀬 歩
TEL:03-5635-8722
E-mail:marcom.tokyo@coherent.com

※このページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。仕様等、最新情報と異なる場合がありますので、予めご了承ください。