全固体OPSLグリーンレーザ 縦単一周波数発振モデルをリリース

2012年1月25日

コヒレント・ジャパン株式会社

コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2012年1月25日全固体OPSLグリーンレーザVerdi Gシリーズに縦単一周波数発振モデルVerdi G SLM(波長:532 nm、出力:2W/5Wタイプ、連続発振)をラインアップした。この新モデルは、数10メーターのコヒーレンス長に相当する、線幅< 5 MHzで発振する。

OPSL固有の特長により、Verdi G SLMは、他の技術を採用した可視レーザよりも安定性と信頼性に優れている。そのため、長時間の連続使用においても、モードホップフリーで単一周波数発振が可能となった。

Verdi G SLMは狭線幅もしくは長いコヒーレンス長が不可欠な応用をターゲットにしている。特に、狭線幅かつ出力安定性が高いレーザを必要とするホログラフィー、干渉応用および原子冷却や、トラッピングなどの応用にも理想的な光源である。

主な仕様

  • 波長:532±2 nm
  • 出力:2W(G2モデル)、5W(G5モデル)、連続発振
  • 線幅:<5 MHz (50 msec)
  • 光ノイズ:<0.02 % rms (10 Hz~100 MHz)
  • 空間モード:TEM00(M2<1.1)

アプリケーション

お客様からのお問い合わせ先

コヒレント・ジャパン株式会社 研究開発用レーザセールスグループ
営業統括マネージャー 脇田 和則
TEL 03-5635-8700
E-mail: sales.tokyo@coherent.com

プレス・報道関係者からのお問い合わせ先

コヒレント・ジャパン株式会社 マーケティングコミュニケーション部
マネージャー 間瀬 歩
TEL 03-5635-8722
E-mail: marcom.tokyo@coherent.com

※このページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。仕様等、最新情報と異なる場合がありますので、予めご了承ください。