単一周波数 全固体OPSLブルー/グリーンレーザをリリース

2011年4月20日

コヒレント・ジャパン株式会社

コヒレント社(米国カルフォルニア州サンタクララ:NASDAQ上場)は、2011年4月20日小型全固体連続発振OPSL(光励起半導体レーザ)Sapphire™シリーズに、単一周波数(狭線幅)発振モデルSapphire SFを新たにラインアップした。

今回488 nmと532 nmの2波長の単一周波数モデルSapphire SFをリリースした。いずれも単一縦モード発振で、1.5 MHz以下の線幅を実現する。 488 nmと532 nmの両モデルは、波長と出力を除き、同寸法、同機能で設計されており、空間モードTEM00(M2<1.1)やビーム位置安定性(<5 µrad/℃)など、ビーム特性に優れている上、高出力安定性(<2%)や低ノイズ(<0.25% rms (20 Hz to 2 MHz)等の特長を持つ。

当社のSapphireシリーズには、独自の光励起半導体レーザ技術が採用されている。この技術を採用したレーザは、既に25,000台以上の納入実績があり、その信頼性が実証されている。加えて、OPSL技術を用いたレーザは、他のDPSSレーザ(Nd:YAG等)と比較し、励起寿命が短いため、"グリーンノイズ"や熱レンズ効果の影響が少なく、超低ノイズを実現する。さらに、波長選択性(多種波長モデルの製品化)やパワースケーリング(高出力化)が期待できる。

Sapphire SFモデルは、狭線幅や長いコヒーレンス長を中出力で満たしているため、ラマン分光、ブリリュアン散乱、ホログラフィー/ステレオグラフィー、干渉、計測、検査、リモート光センシングなどの研究やOEM用途に最適である。

主な仕様

  • 波長(出力)
  • 488 nm (出力:20 mW / 50 mW / 100 mW)
  • 532 nm(出力:20 mW / 50 mW / 100 mW / 150 mW)
  • 線幅:<1.5 MHz
  • 光ノイズ:<0.25 % rms (20 Hz~2 MHz)
  • 空間モード: TEM00 (M2<1.1)、単一縦モード
  • ヘッドサイズ:125 mm x 70 mm x 34 mm

アプリケーション

  • ラマン分光
  • ホログラフィー/ステレオグラフィー
  • 計測・検査

特長

  • 単一周波数発振
  • 超狭線幅
  • 超低ノイズ

お客様からのお問い合わせ先

コヒレント・ジャパン株式会社 産業用レーザセールスグループ
営業統括マネージャー 山崎 達三
TEL:03-5635-8700
E-mail: sales.tokyo@coherent.com

プレス・報道関係者からのお問い合わせ先

コヒレント・ジャパン株式会社 マーケティングコミュニケーション部
マネージャー 間瀬 歩
TEL:03-5635-8722
E-mail:marcom.tokyo@coherent.com

※このページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。仕様等、最新情報と異なる場合がありますので、予めご了承ください。