M2ビーム伝搬アナライザ   :特長

ModeMaster PC

(モードマスター・ピーシー)

ModeMaster PCは、ISO国際標準規格に準拠するM2やCWレーザのビーム伝播分析関数を測定します。ModeMaster PCは、USB制御・インタフェースコンソールと、Windows®対応ソフトウェアを備えています。              注: PCは別売りです。
  • CWレーザ発散角、M2(またはk)、非点収差を測定
  • ビームウェストの位置・直径(D4σ径を含む)とレーリーレンジを測定
  • 角度・並進ビームポインティングの安定性
  • ビームサイズ:0.2 ~ 25 mm
  • 波長範囲:220 nm ~ 1.8 μm
  • Microsoft® Windows®7対応
簡単なビームアライメント

ModeMaster PCの精密5軸ヘッドマウントとビームポジションディスプレイによって、角度アライメントと、ビーム伝播光路に対するレンズとスキャン軸の調整が簡単に行えます。

セカンドモーメントビーム径

ビーム伝播測定において、ビーム径は重要なパラメータです。またセカンドモーメント径(D4σ)は、ビーム伝播計算において非常に重要です。ModeMaster PCはセカンドモーメント径を直接計算します。1~4のM2値に対応し、大半の市販レーザを網羅しています。 

リアルタイムのパワー密度調整

ほとんどのレーザ用途において重要なのは、レーザパワーではなくパワー密度です。ModeMaster PCを使用すると、最大パワー密度のポイントを迅速に特定することができます。ModeMaster PCのパワー密度チューニング画面は、パワー密度を擬似アナログ「チューニングバー」として表示し、レーザミラーの調整時にリアルタイムでフィードバックを行います。

ModeMaster PC表示画面例
ビーム伝播解析ディスプレイ



リアルタイムディスプレイ



ポインティング安定性ディスプレイ


ModeMaster PC システム構成の選択方法
こちらを参照ください。
推奨コンピュータ仕様
こちらを参照ください。

本仕様は予告なく変更される場合がございます。仕様及び製品保証の詳細条件については、ご契約時に必ずご確認ください。