多目的加工システム   :特長

多目的加工システム

非常に広範なセミオートのレーザ材料加工用途に適したワークステーション。

レーザ光源、可動部、コントロールユニットを一つの筐体に搭載した、オールインワン設計のワークステーション。
レーザ溶接、切断、穴あけ、マーキング、ストラクチャリング、その他さまざまなアプリケーション向けに、お客様のご要件に合わせた柔軟な構成が可能です。
フルオートメーション化された生産ラインにもインテグレーションが可能です。

多目的加工システム MPSシリーズ

多目的加工システム MPSシリーズ

光源、各種モジュール、最大5 軸までの駆動軸がインテグレートされたレーザシステム。
用途に合わせて4タイプのモデルが選択可能。
溶接、切断、表面処理、樹脂溶着、マーキング、ガラス加工など、あらゆる材料加工に対するご要望に対し、最適なソリューションをご提案をいたします。
小さなフットプリント、広いワークスペース、回転軸を使った柔軟なプロセスなど、MPSシリーズはベーシックな構成からハイエンドなカスタマイズまで、お客様一人ひとりのご要望に合わせたソリューションの提供が可能です。

> より詳しい内容はコチラ(海外サイト、英語)

本仕様は予告なく変更される場合がございます。仕様及び製品保証の詳細条件については、ご契約時に必ずご確認ください。