自動波長チューニング対応フェムト秒OPOシステム   :特長

Levante IR fs OPO

(レヴァンテ)

Levante IR fs 光パラメトリック発振器(OPO)は、これまでの製品より広範囲の波長帯域をカバーする製品です。分光、材料科学、顕微鏡、その他多様なアプ リケーションに応用可能で、フェムト秒レーザFidelity HPやChameleon Discovery を励起光源とします。

シグナル光とアイドラー光の出力は、励起パルスと同期しジッターフリーです。シグナル光の高い出力は、 1320 nm ~ 2000 nmの間で、一方、アイドラー光は2170 nm ~ 5000 nmの広範囲で波長可変できます。

ユーザーフレンドリーな設計により、PCから自動波長可変機能を制御することができ、さらに必要なデータ を容易に取得できるソフトウェアやTCP/IPベースのインターフェースによって、リアルタイムでのデータ表 示やリモートコントロールによるセットアップ、カスタムソフトウェアなども可能です。
    特長:
  • 自動波長チューニング
  • パルス同期機能
  • フルPC制御(オプション)
  • TCP/IPベースのインターフェース
  • OPOシグナル光波長レンジに対応 したスペクトロメーター内蔵

    アプリケーション:
  • ウルトラファースト分光
  • 走査型近接場光顕微鏡(NSOM)
  • ポンプ/プローブ分光
  • 半導体検査
  • 多光子励起レーザ顕微鏡(MPE)

出力データ(典型値)
Levante IR + Fidelity HPでの励起(10W, 80 MHz, 140 fs)

パフォーマンスデータ(典型値)
LevanteIR+ Chameleon Discovery (波長固定、1040 nm, 3.5W)


本仕様は予告なく変更される場合がございます。仕様及び製品保証の詳細条件については、ご契約時に必ずご確認ください。