Chameleon用 波長変換OPOシステム   :特長

Chameleon Compact OPO シリーズ

NEW! Chameleon MPX : 群速度分散補正システム内蔵OPO

Chameleon Compact OPOシリーズに新モデルChameleon MPXが加わりました。
群速度分散補正システムを内蔵したChameleon用の波長変換OPOシステムです。

新モデル Chameleon MPX : 群速度分散補正システム内蔵モデル
Chameleon MPX は、Chameleon VisionとChameleon Ultraの波長可変領域を拡大し、特に非線形イメージングを最適化するように設計されています。

多光子顕微鏡向けに群速度分散補正を最適化し、顕微鏡下でサンプルを高いピークパワーで励起できます。
最先端のデュアル波長チューニングを可能にするFanned PP結晶を採用し、独立した2つの波長で、eGFPやmCherryなど複数の蛍光マーカーを同時に励起し、パワフルかつ柔軟にマルチモーダルイメージングを行うことができます。

Chameleon Compact OPO : 2倍波オプション無しモデル
Chameleon Compact OPOは、1600 nmまで波長可変でき、idlerオプションを使用した場合、4000 nmまで拡張できます。
レーザの経験が浅い方でも簡単にご使用いただける波長変換OPOシステムです。またチューニング時に、ビーム位置の調整や光学系の取り替えを必要とせず、USBもしくはRS232インタフェースでコントロールできます。

Chameleon Compact OPO-Vis : 2倍波オプション内蔵モデル
Chameleon Compact OPO-Visは、Chameleon / Compact OPOと使用することで、340 nm~1600 nmまで自動連続波長チューニングが可能です。付属タッチパネルコンピュータによる制御で、全波長帯域にわたり、光学系を替えずに対応できます。また本モデルは、1750 nm~4000 nmのmid IR領域をカバーし、その領域のほとんどの波長で、数100 mWの出力を実現します。
■Chameleon MPX
  • 非線形イメージング応用でのパフォーマンスを最適化
  • 130 fs 超短パルスで高ピークパワーを実現
  • 群速度分散補正システム内蔵
  • 680 nm~1340 nmまで自動連続波長掃引 (Chameleonと使用時)
  • オシレータとOPOの独立した波長チューニングにより、2カラーの同時励起やマルチモーダルイメージングに最適
  • CARS/SRSなどの高度な顕微分光を可能にする多波長同期出力モード

■Chameleon Compact OPO / OPO-Vis
  • Chameleon Ultra IIとの組合せで、680 nm(OPO-Visの場合は340 nm)から4000 nmまでの連続的に波長可変が可能
  • 自動波長チューニング
  • タッチパネルコンピュータ、および制御用ソフト付属
  • 光学系を取り替えずに全チューニングレンジへ変換可能
  • Fanned PP結晶を採用することで、デュアル波長チューニングを可能にし、OPO波長と励起波長を独立して自由自在に波長チューニング可能
  • USB、RS-232インタフェース
  • Chameleonシリーズからの励起光(680~1080 nm)も出力可能

Chameleon MPX、Chameleon Compact OPO-Visの外観

Chameleon MPX、Chameleon Compact OPO-Visの外観

Chameleon MPXのピークパワーグラフ(典型値)

Chameleon MPXのピークパワーグラフ(典型値)

Chameleon MPXの平均出力グラフ(典型値)

Chameleon MPXの平均出力グラフ(典型値)

デュアルチューニングセットアップ

Chameleon Compact OPO シリーズのデュアルチューニングセットアップ

デュアルチューニング波長可変エリア(横軸:Ti:S、縦軸:OPO)

Chameleon Compact OPO シリーズのデュアルチューニング波長可変エリア

Chameleonとの組み合わせでのチューニングレンジ

Chameleonとの組み合わせでのチューニングレンジ

Chameleon OPO-Vis 波長コンビネーション

Chameleon OPO-Vis 波長コンビネーション

本仕様は予告なく変更される場合がございます。仕様及び製品保証の詳細条件については、ご契約時に必ずご確認ください。