モードロック Ti:Sapphire レーザ   :特長

Mira

(ミラ)

MiraシリーズはKerrレンズモードロッキング(KLM:コヒレント社特許)を用いて超短パルスを発生させる波長可変レーザです。ご使用の目的にあわせて、< 70 fsから10 psのパルスを発生させるシステムを取り揃えています。安定したKLM発振により、レーザを使用されたことのない方でも簡単に超短パルスを発生させることができます。また、Miraをベースとした再生増幅システム:OPA、OPO等のバリエーションを豊富に取り揃えていますので、波長、パルス幅、高エネルギー等の様々なご要望にお応えできます。

※高出力タイプのMira-HPに関しては、こちらをご覧ください。
  • 安定したモードロック発振
  • 全ての光学部品を同一平面上に配置したことで光軸調整が容易
  • <70 fsから10 psの幅広いパルス幅に対応
  • 広範な波長に対応するX-wave Optics(標準装備)
  • β-Lockによりpsで連続波長チューン可能
  • パワーメータ、CWセンサー内蔵
  • 3つのモデルをご用意
    • (1) Mira Optima 900-F (< 115 フェムト秒パルス)
    • (2) Mira Optima 900-P (< 2 ピコ秒パルス)
    • (3) Mira Optima 900-D (ピコ秒及びフェムト秒の両パルス)
femto (<70〜130 fs):
Mira Optima900-F / Mira Optima 900-D
  • モードロックfs Ti:Sapphire レーザの標準機です。
  • 〜100 fs(典型値)の安定した発振を実現します。
  • 調整、メンテナンスを容易にする平面光学配置とOptimaシステムが付属します。

Mira-SPO-I (ショートパルスオプション)
  • chirp補正系。
  • Mira Optima 900-Fとの組合わせで < 70 fsのパルス幅が得られます。
pico (2〜10 ps):
Mira Optima 900-P / Mira Optima 900-D
  • モードロックps Ti:Sapphire レーザの
    スタンダードです。
  • 〜2 ps(典型値)の安定した発振を実現します。
  • β-Lockを標準で搭載し、
    連続波長チューンが可能です。
    (β-Lockの無い場合、モードロッキングの動作は約3 nmの波長間隔となります。)
  • 調整、メンテナンスを容易にする平面光学配置とOptimaシステムが付属します。

Mira LPO-GTI (ロングパルスオプション)
  • Mira Optima 900-Pのパルス幅を10 psに伸長するためのオプションです。
    (仕様に関してはお問い合わせください。)
Mira 900システム構成

推奨励起光源: Verdi V6-18, Verdi G5-18

 Mira 900システム構成
X-Wave Opticsのチューニングカーブ(典型値)

Mira X-Wave Opticsのチューニングカーブ(典型値)

Mira X-Wave Opticsのチューニングカーブ(典型値)

本仕様は予告なく変更される場合がございます。仕様及び製品保証の詳細条件については、ご契約時に必ずご確認ください。