産業用マルチkWファイバーレーザ   :特長

HighLight FLシリーズ

(ハイライト・エフエル)

NEW! マルチkWモデル (HighLight 2000FL、HighLight 3000FL) 登場!

新Highlight FLシリーズ(HighLight 2000FL、HighLight 3000FL)
新Highlight FLシリーズは、コヒレント独自のモジュラーデザインにより、戻り光に強い構造を実現したマルチkW出力のファイバーレーザーです。
どの出力レベルにおいても、様々な金属や合金の切断及び溶接を最適化できるファイバー伝送(オプション)を用意しています。
また独自のモジュラーデザインにより、サービスがし易いため、システムのダウンタイムを低減できるメリットがあります。さらに、グローバルな物流システム、アプリケーションラボ、フィールドインテグレーションチームが世界中の多くの地域で、お客様への迅速なサポートを提供いたします。

HighLight 1000FL
HighLight 1000FLは、小型設計で1 kW(CW)の出力を実現するファイバーレーザです。フリースペース発振ないしは、50 µm (BPP < 2.5 mm*mrad) または 100 µm (BPP < 5 mm*mrad)のファイバーより出力が可能で、ファイバーの両端は業界標準のQBHコネクタを装着しています。
HighLight 1000FLは、レーザ切断や溶接用に最適化されています。ユニットは、組み込みやすいようにフットプリントを小さくしています。サービスがしやすいように、サイドパネルが取り外せます。レーザは外部トリガーにより5 kHzまでのパルス動作が可能です。外部アナログシグナルにより、出力を調整したり、ランプアップさせたりすることができます。(切断時の最適化が図れます。)
HighLight 1000FLは、お客様のシステムの中に組み込むことを前提としたOEM製品です。DC電源を本体に含んでいます。コンピュータによる通信やアナログ、デジタルインタフェースでの制御が可能です。

※更なる高出力モデルについてはお問い合わせください。
新Highlight FLシリーズ(HighLight 2000FL、HighLight 3000FL)
  • マルチkWの連続発振出力
  • 戻り光に対して強い構造
  • 切断、溶接に最適なビーム品質
  • 10 kHzまでのデジタルおよびアナログ変調
  • 産業用要件を満たすフィールドバスおよびリアルタイムEthernet(オプション)
  • ファイバー長選択可能(オプション)
  • ビーム切り替え機能(オプション)
  • 容易なメンテナンス
  • グローバルなサービス体制

■HighLight 1000FL
  • 出力(CW):1 kW
  • 中心波長: 1100 nm
  • ファイバーデリバリー(伝送)オプション:50 µm (BPP <2.5 mm*mrad)、または100 µm (BPP <5 mm*mrad)
  • システムインテグレーションに理想的な小型OEMモジュラーデザイン
  • 溶接、切断応用のために最適化された出力ビーム
  • サービスメンテナンス性:フィードで交換可能なモジュラーコンセプト
  • ワールドワイドサービス体制

ファイバーレーザによる【溶接・切断】加工のメリット

優れたビーム品質
  →  高輝度・高出力光により精密加工が可能
  →  深い溶け込み溶接 

高効率
  →  アルミなどの高反射材料の切断
  →  高精度かつ高速切断が可能

マルチkW ファイバーレーザ HighLight FL シリーズ(動画)

HighLight 1000FLによる加工の様子(動画)

板金(ステンレススチール、ブラス(真鍮)、アルミニウム)切断加工




本仕様は予告なく変更される場合がございます。仕様及び製品保証の詳細条件については、ご契約時に必ずご確認ください。