エンドポンプ式固体レーザ   :特長

PowerLine Eシリーズ

(パワーライン イー)

PowerLine Eシリーズには、三種類の波長、2〜40Wの出力を網羅する様々なレーザマーカーとレーザソースがあります。

■ ユニバーサル
ガラス、金属、またはプラスティック、画像やバーコードなど、幅広い選択肢のなかから最適な結果を保証いたします。

■ フレキシブル
わずか500ミリの長さのコンパクトなレーザハウジングはシステムへの取込が容易です。 波長、出力レンジ、特殊設計など、幅広いオプションにより、どのようなアプリケーションに対しても最適なソリューションを提案します。

■ 高速
高いパルスピークパワーにより、PowerLineEは格段に短いマーキング時間を可能にします。 卓越した機械的および光学的品質は、正確なマーキング結果と厳しい製造現場で信頼性の高い稼働を保証します。

PowerLine E(エンドポンプ式固体レーザ)

PowerLine E

傑出したエンドポンプ式マーキングレーザは、30年以上に渡るレーザー加工の経験により開発されました。
パワーライン Eシリーズには、各種波長、2〜40Wの出力タイプがあります。
全てのレーザソースは水冷式でコンパクトデザインを採用。

特長
  • 2〜40Wの幅広い出力タイプ
  • 3種の波長
  • シングルヘッド、ダブルヘッドが選択可能
  • コンパクトなデザイン
  • 広い選択肢から、フィールドサイズを選択可能
レーザータイプ ダイオード励起エンドポンプ式Nd: YVO4レーザー
出力レンジ 2 W, 12 W, 18 W, 40 W
波長 1064 nm, 532 nm, 355 nm
パルス周波数 0 - 200 kHz
マーキングフィールドサイズ 120 x 120 mm (他のサイズも対応可能)
消費電力 1,77 kW50 Hz/1,88 kW 60 Hz
冷却方式 水冷式

PowerLine E IC(半導体業界向け、エンドポンプ式固体レーザ)

PowerLine E IC

パワーライン E ICシリーズは、センシティブな半導体材料に対しても、コントラスト良好なマーキングと安定した材料の彫り込み深さを約束します。
高いパルス周波数により、最高1600cpsでのマーキングが可能。

特長
  • 半導体アプリケーション専用モデル
  • 最小溶けこみ深さ 25 µm/ 1 mil
  • 19インチラックユニット
  • シリコン・エポキシ・セラミック・金・コンパウンド等に最適
  • 半導体マーキング専用に開発されたソフトウェア
レーザータイプ ダイオード励起エンドポンプ式Nd: YVO4レーザー
出力レンジ 2 W, 6 W, 12 W, 25 W, 40 W
波長 1064 nm, 532 nm, 355 mm
マーキングフィールドサイズ 120 x 120 mm または 180 x 180 mm (シングルヘッド)
240 x 120 mm または 300 x 180 mm (ダブルヘッド)
(他のサイズも対応可能)
印字可能文字数(1秒あたり) 800 文字 (パワーラインE 30/40 IC, シングルヘッド)
1600 文字 (パワーラインE 40 IC, ダブルヘッド)
消費電力 1,77 kW 50 Hz/1,88 kW 60 Hz
冷却方式 水冷式

本仕様は予告なく変更される場合がございます。仕様及び製品保証の詳細条件については、ご契約時に必ずご確認ください。