産業用 高エネルギー フェムト秒発振レーザ   :特長

RAPID FXシリーズ

(ラピッド エフエックス)

NEW!

RAPID FXは、既存のRAPIDシリーズの極短パルスモデルとして登場したフェムト秒発振レーザです。コヒレント社の広範な産業用短パルスレーザラインアップにフェムト秒ソリューションが追加され、さらに強力になりました。従来のRAPIDシリーズよりもさらにパルス幅の短いRAPID FXは、より熱影響(HAZ)の少ない高精度な加工が可能なため、より高い精度の求められる加工アプリケーションに最適です。
また、RAPID FXは産業用レーザに求められる24時間稼働を前提として設計されており、平均出力>10W@100 kHzまたは200 kHzで、高スループットな加工を実現します。様々なアプリケーションに対応すべく、内蔵AOMプロセスシャッターや外部トリガー制御により、シングルショットからのパルス選択が可能です。
RAPID FXは、波長1030 nm、ファイバーシードレーザと安定性の高い増幅部の組み合わせにより、優れたビームクオリティを長期に渡って実現します。さらに、パルス間エネルギー安定性、ビーム位置安定性ともに、微細加工用フェムト秒レーザの中で最高レベルのパフォーマンスを提供します。
  • フェムト秒高パルスエネルギー:~100 μJ @ 100 kHz
  • (10W @ 1030 nm, 900 fs)
  • 高繰返周波数:~ 200 kHz
  • パルスオンデマンド機能
  • 優れたビーム質 (M2 <1.4)
  • AOMプロセスシャッター内蔵
  • 産業用要件をみたす高い安定性と高信頼性設計
  • 小型レーザヘッド: 68 x 26 x 29 cm (電装部品をすべて一体化)

環境温度に対する出力安定性

RAPID FXの環境温度に対する出力安定性

本仕様は予告なく変更される場合がございます。仕様及び製品保証の詳細条件については、ご契約時に必ずご確認ください。