高性能レーザラインジェネレータ   :特長

StingRayシリーズ

(スティングレー)

StingRay マイクロフォーカスモデル New!

StingRayシリーズは、多様な投光パターンと長寿命を特長とするダイオードレーザベースのラインジェネレータです。この新しいラインジェネレータを用いて3次元三角測量を行うことで、より高速で正確なマシンビジョンシステムの構築が可能です。

StingRayシリーズは、高性能エレクトロニクスを内蔵したLDとコリメーションのための屈折光学部品、多種のファンアングルを網羅するラインジェネレータを融合させた製品で、また複雑な出力パターンを生み出すための回折素子をオプションで組み入れることができます。ラインビーム強度の均一性を±5%に抑え、産業界をリードする性能を兼ね備えており、この高い均一性は、画像の後処理の必要性をなくし、計測スピードと寸法精度の向上を可能にします。

StingRayマイクロフォーカスモデル:StingRay μFocus    NEW!
従来のStingRayスタンダードモデルの線幅を40%低減し、より小さい対象物を高解像度で計測できます。 スタンダードモデル同様の寸法、性能を維持し、波長520 nmから830 nmモデルまでラインアップしています。

StingRayデベロッパーキット
エンドユーザー、インテグレータ、研究者向けに簡単に3次元計測が行えるStingRayデベロッパーキットをご用意しております。
詳細はこちら
■ StingRay マイクロフォーカスモデル
  • 線幅:40%低減 (対StingRayスタンダードモデル)
  • 波長:520~830 nm
  • 出力:25~200 mW
  • ラインビーム強度の均一性:±5%
  • フォーカス調整可
  • ビーム位置安定性 <10 μrad / ℃

■ StingRay スタンダードモデル
  • 波長:450~830 nm
  • 出力:1~200 mW
  • ラインビーム強度の均一性:±5%
  • ダイナミック・ラインバランス機能装備
    (投射距離を正確に制御するための外部ユーザーフォーカスオプティクスやビーム強度のばらつきを簡単に補正する機能)
  • ダイオードの寿命を診断するモニターを内蔵    (寿命に近づいたLDを計画的に交換可能)
  • 豊富なビームパターンとファンアングル(1~75度)
  • 出力タイプ: 1次元、2次元のフラットトップ
  • ESD、過剰温度上昇、過電圧、逆極性の防止機能
  • 投影距離と焦点距離の出荷後の調整可
  • 小型:本体全長96.1 mm(シングルドット)、97.8 mm(ラインなど)、本体直径18.6 mm
  • セパレート・オプションで光学部をさらに小型化
  • 標準ケーブル:フライング・リード線、50 cm
  • 変調オプション:アナログ(500 kHz)、デジタル(100 kHz)、高速デジタル(2 MHz)
  • RS-232オプション:出力調整、温度管理など
  • レーザコントローラ・オプション:
    - ヒロセ製コネクタ・オプションで接続
    - USBでPCと接続可能(RS-232オプション要)
    - アプリケーション・ソフト(オプション)でコントロール可

均一な強度 (ライン長に沿ったライン強度プロファイル特性)

これまでのレーザラインパターンは、シリンドリカルオプティクスによって実現されていた為、センターが強く裾がフェーディング状態になっていました。独自の特許技術を用いたStingRayシリーズに採用されているビームシェーピングオプティクスは、均等に光をライン照射することが可能です。

StingRayシリーズの均一な強度 (ライン長に沿ったライン強度プロファイル特性)

レーザラインジェネレータを使った3次元三角測量:イメージ図

レーザラインジェネレータを使った当3次元三角測量のイメージ図では、シンプルな3次元の表面に1本の縞を投影した際の幾何変形を表しています。この線の変位により、物体の表面の詳細を3次元に正確に復元することが出来ます。

StinRayシリーズのレーザラインジェネレータを使った3次元三角測量:イメージ図

オーダーインフォメーション

発注の際は下記のようにコードをご指定下さい。
モデル名の略称 - 波長 - 出力 - 変調タイプ - ケーブルタイプ - 光学系 - インタービームアングル - ファンアングル(ラインの場合) - フォーカス - COMM - オプション

例: STR-660-100-T-FL-L03-1.5-45-S-Tx-1

StingRayシリーズのオーダーインフォメーション 1


StingRayシリーズのオーダーインフォメーション 2

投光パターン

StinRayシリーズの投光パターン

※上記以外のパターンをご希望の場合は、特注にて対応可能です。お問い合わせください。
StingRayデベロッパーキット
1 mW~100 mWまでの出力、シンプルなドットから長さ 50 cmラインの投光パターンまで、8種のパターンを出力できます。
エンドユーザー、インテグレータ、研究者の方が3次元計測をより簡単に行えるキットとしてご提案いたします。

StingRayデベロッパーキット

キットの構成
・660 nm、100 mWレーザ (1EA)
・520 nm、50 mWレーザ (1EA)
・CDRHコントローラー (1EA)
・CDRHコントローラー電源 (1EA)
・StingRayヒートシンクマウント (1EA)
・USBケーブル (1EA)
・フォーカスロックツール (1EA)
・交換用オプティカルヘッド (8EA)

本仕様は予告なく変更される場合がございます。仕様及び製品保証の詳細条件については、ご契約時に必ずご確認ください。