次世代ミニOEMレーザモジュール   :特長

OBIS CORE LSシリーズ

(オービス・コア・エルエス)

NEW!

OBIS CORE LSシリーズは、OEM装置の小型化のニーズに対応すべく誕生した、OBISシリーズの最小パッケージモデルです。豊富な納入実績を持つ既存モデルOBIS LSで用いている主要技術(光励起半導体レーザ技術)を採用しているため、放熱量も少なく、モード質と信頼性に優れており、バイオ応用におけるOEM装置組込み用に理想的です。
  • 小型装置組込みに最適なミニパッケージ(レーザヘッドサイズ:52 x 27 x 13 mm)
  • 優れたビーム質
  • 低放熱量
  • 発振波長:488 nm / 532 nm / 552 nm / 561 nm / 594 nm
  • 最大出力:~150 mW

本仕様は予告なく変更される場合がございます。仕様及び製品保証の詳細条件については、ご契約時に必ずご確認ください。