よくあるご質問(FAQ)

コヒレント社製品をより安全・的確にお使いいただくために、弊社ではFAQをご用意しています。
ご不明な点は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

校正(レーザ計測器関連)

校正・修理依頼の仕方は?【FAQ管理番号:6】
こちらをご参照ください。
校正は、どれくらいの周期で行えばいいですか?【FAQ管理番号:7】
年に一度の再校正

コヒレント社のレーザパワー/エネルギーメータは、精密機器であり、有効なサービスが長年にわたって提供可能であるとともに、高精度な測定が可能です。ハイレベルな性能を維持し、お客様の品質保証システムやISO認証への準拠のためには、年に一度の点検・校正が重要です。
長期間にわたるレーザパワー/エネルギーメータ、センサーのご利用は、環境的な要因と共に、精度に悪影響を及ぼす可能性があり、重要なパーツを消耗または損傷させる結果にもなります。年に一度の校正は、お客様の製品の保証のためにも必要です。


修理品の納期はどれくらいかかりますか?【FAQ管理番号:8】
機種によって異なりますが、2週間から約1ヶ月です。正確な納期についてはお問い合わせください。
校正にかかる費用はどれくらいですか?【FAQ管理番号:9】
お電話、またはE-mailでお問い合わせください。
校正はセンサーとメータとセットで行う必要がありますか?【FAQ管理番号:10】
センサーはセンサー、メータはメータだけで別々に校正を行います。
ちなみに一世代前のセンサーとメータでは同時に校正を行い、そのセットでのみ校正が証明されていました。
現在は、センサーのコネクタ部分のEEPROMに校正データが保存されており、メータと接続した場合にこのデータを読みとり、システムとして最適化されます。従って、別々に校正されたメータとセンサーは任意に組み合わせて使用しても良いのです。
なぜコヒレントの校正証明書には次回の校正日が明記されていないのですか?【FAQ管理番号:11】
コヒレント社は次回の校正日については、お客様が実際にメータ、センサーの使用を開始した段階で記入することをお勧めしております。これは実際にレーザを入射するまで、暗所で保管している期間は、機器の劣化はほとんど考慮しなくてよいと弊社では考えているからです。
どのように次回の校正日を記録すればよいでしょうか?【FAQ管理番号:12】
コヒレントでは校正証明書と校正ラベルを提供しており、この校正ラベルにユーザが次回の校正日を記入いただいて、製品に貼っていただくことで管理できます。
トレーサビリティを要求したいのですが、どうすればいいですか?【FAQ管理番号:13】
こちらよりダウンロード頂けます。
また、校正・修理が完了している製品をご返送する際に、校正証明書と一緒に全てのお客様に送付させていただいてます。

コヒレント・ジャパン株式会社 お問い合わせ一覧

・製品についてのお問い合わせ
コヒレント・ジャパン株式会社
TEL:03-5365-7100(東京) 06-6101-7670(大阪)
FAX:03-5365-7281(東京) 06-6101-7671(大阪)

・ご購入後の技術サポート
(コヒレント・ジャパン株式会社 カスタマーサポートセンター)
TEL:0120-997-356 (フリーダイヤル)※
(レーザ発振器 お問い合わせ)
TEL:03-5365-7170
FAX:03-5365-7101(東京) 06-6350-7671(大阪)
(計測機器修理校正技術 お問い合わせ)
TEL:03-5365-7280
FAX:03-5365-7281

※カスタマーサポートセンターの受付時間は、9:00-17:30(月-金)*です。
(*12:00-13:00の時間帯を除く。土・日・祝・年末年始を除く。)