第11回 レーザー加工技術展 (Photonix 2018内)

開催要項

会期: 2018/12/5(水) - 12/7(金)
終了いたしました。
時間: 10:00 - 18:00 (最終日のみ17:00終了)
会場: 幕張メッセ 1ホール
Makuhari Messe Hall1, Tokyo
入場料: 招待券(入場無料)申込みはコチラ
※入場時には、招待券と名刺2枚が必要となります。
ブースNo.: 1ホール 2-36
公式ホームページ: http://www.photonix-expo.jp/ja/Home/

【 展示の見どころ 】

発振器メーカーからトータルソリューションプロバイダーへ

新生コヒレントが提供する最新のレーザ加工ソリューション
微細加工用短パルスレーザから、熱加工用ファイバーレーザ、半導体レーザまで、これまでの豊富な製品ラインアップに加え、光学系との組み合わせによるアプリケーション提案からターンキーシステムの提案まで、お客さまの広範なニーズに、さらに柔軟に対応し提案してまいります。ぜひこの機会に最新ソリューションをご覧ください。


主な展示内容:


【樹脂溶着システム、ガラス切断用レーザ加工機】


【医療用ステントなど、微細チューブ加工用レーザ加工機】
・ファイバーレーザ/フェムト秒レーザ
・医療用インプラント(ステントなど)や医療用機器への高精度な切断加工
・髪の毛よりも細いチューブの加工が可能
・金属・樹脂、ドライ・ウェット加工 に対応可能な柔軟性



【小型金属3Dプリンタ】



【スパッタレスな溶接を可能にするモード可変ビームファイバーレーザ】



【高品位な切断面、曲線加工を可能にするガラス切断システム】



【微細加工用短パルスレーザ(フェムト秒/ピコ秒)各種】】



【切断・熱加工用高出力レーザ各種、ビームホモジナイザーなど】



<レーザー加工技術展 専門技術セミナー>(有料、事前登録制)


講演タイトル:
「自動車・バッテリー分野における高機能溶接技術“CleanWELD”と応用例」


バッテリーやモータなどの電動化技術を中心としたE-mobilityというジャンルにてレーザ加工技術の必要性が高まっている中、溶接スパッタの低減などプロセス最適化や加工品質の向上が求められている。そこで、コヒレント社のCleanWELD技術を中心とした最新レーザ加工技術を紹介する。

■ 専門技術セミナー(有料)の講演スケジュール、および詳細・申し込みはこちら