• HOME
  • レーザ加工機の最新プラットフォーム、日本初出展

レーザ加工機プラットフォーム「Exactシリーズ」

レーザ加工機の最新プラットフォーム、日本初出展



産業用・研究用レーザ機器やレーザ加工システムなど、広範なレーザソリューションを提供するコヒレント・ジャパン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:モンロー清海、本社:米国カリフォルニア州)は、2018年12月5日から3日間幕張メッセにて行なわれた展示会「第18回 光・レーザー技術展 - Photonix 2018-」にて、同社の新しい加工機プラットフォーム「Exactシリーズ」より、微細加工用のガラス切断加工システム「Exact Cut」を国内で初めて展示しました。

当「Exactシリーズ」は、最大5軸までの対応の可動部、レーザ発振器、タッチスクリーン、加工ヘッド、ソフトウェアなどを用途に合わせてカスタマイズし、オールインワンでの提供が可能です。対応可能なアプリケーションは幅広く、精密溶接、精密切断、マーキング、樹脂加工など柔軟にカスタマイズが可能です。



■ ExactCutの特徴:

・コヒレント製ファイバーレーザを搭載した精密金属加工から、短パルス(ピコ秒)レーザHyperRapid NX搭載の精密ガラス加工まで、ニーズに合わせた柔軟な組み合わせが可能。

・サファイアや多結晶ダイヤモンド、セラミックスなどの厚くて硬い脆性材料や、金属、合金など多様な材料の切断加工が可能。

・最新の人間工学に基づいたレーザ安全クラス1の筐体

・プログラミングが容易なソフトウェア、CAD/CAMによるCNCデータの容易な作成

・グラナイト製モーションコントロール 可動域:XYZ軸: 500 / 400 / 200 mm





■ 加工例:




■資料請求、お問い合わせはコチラまで

contactBig

[お電話でのお問い合わせ]コヒレント・ジャパン株式会社 営業部 TEL:03-5365-7100