【導入事例】

大阪市立大学 複合先端研究機構 様

大阪市立大学 複合先端研究機構 様印刷用PDFをダウンロードする

主な研究内容

「次世代エネルギーの開拓と産業応用」を研究課題に、光合成初期過程に重要な役割を果たす色素蛋白超分子複合体に注目し研究を行っています。
光エネルギー変換過程において従来の概念を打破した基礎概念の構築、高効率・超高速のエネルギー移動の基盤となる理論を確立するため、従来の精密有機合成に加えて分子生物学的手法をも融合して、様々に構造を改変した人工の色素蛋白超分子複合体を創成しています。
その膜内における色素蛋白超分子複合体の配列様式を電子顕微鏡及び高分解能原子間力顕微鏡によるその場観察で確認し、同時に超高速時間分解コヒーレント分光および超高速時間分解顕微分光を用いた励起エネルギー移動の実時間計測や広い周波数領域でのフォノン物性の測定を行い、統括的な光合成励起移動メカニズムの解明及びデバイスとしての利用指針の形成を目指しています。

主な研究内容

10フェムト秒を切る世界最速クラス、且つ物性研究に耐えうるレベルの安定性を有する超高速時間分解レーザ分光計測の確立と適用により、色素蛋白超分子複合体内における光合成反応の極初期過程の実時間計測を達成

研究成果一例

研究成果一例

「アナログカロテノイドを再構成することにより創成した光合成細菌 Rb. sphaeroides の人工光反応中心複合体の3次元結晶構造解析の結果(左図)とカロテノイド周辺の電子密度マップ(右図)」

レーザ導入の決め手

「Legen dElite-USPを始めとする今回のレーザシステムは、ハイパワー、短パルスのみならず、研究に不可欠な安定性の面で、オシレータ単体だけでなく、波長変換の部分まで含めたシステム全体で安定性が維持され、パルス幅の状態 も良いのが導入する際の最大のポイントでした。将来の拡張も安心してできると感じています。」

大阪市立大学 複合先端研究機構 プロジェクトリーダー 橋本 秀樹 教授

レーザ導入の決め手導入された
Legend Elite-USP, Micra-5, OPerA Solo

導入レーザ製品

チタンサファイア再生増幅器

Legend Elite-USP

Legend Elite-USP

バンド幅可変一体型フェムト秒レーザ

Micra-5

Micra-5

パラメトリック増幅器(OPA)

OPerA Solo

Legend Elite-USP