太陽電池(ソーラーセル)加工

詳細応用例

■ 結晶シリコン型

  • エッジアイソレーション
  • Laser Grooved Buried Contacts
  • 表面テクスチャリング
  • パシベーション層の加工
  • 穴あけ(ビアホール加工)
  • レーザドーピング
  • レーザ・ファイヤード・コンタクツ
  • ソルダリング(はんだ付け)

■ 薄膜デバイス型

  • a:Si パターニング
  • CIGSパターニング
  • CdTeパターニング
  • ガラス切断
  • フリット溶接
  • シースルーパターニング

太陽電池(ソーラーセル)加工   :概要

現在、世界的に環境への意識が高まる中、地球にやさしいエネルギー源として太陽電池に注目が集まっています。太陽電池セルおよびモジュールの製造現場では、コスト削減、歩留まり向上、性能強化が課題になっており、このような問題を効果的に解決する標準技術として、レーザが利用されています。

レーザ活用のメリット

  • ウエハ薄膜化への対応とスループットの両立
  • プロセスサイズの最小化
  • 工程数および、CoOの低減と自動化メリット

コヒレント社 太陽電池ソリューションビデオ

  • コヒレント社の当アプリケーションソリューションのご紹介をご覧頂けます。下記をクリック頂くと、別画面が立ち上がります。画面右下の「START DEMO」ボタンをクリックしてください。(日本語音声あり)