ファイバーグレーティング生産   :概要

高密度な波長多重通信技術におけるファイバー材への周期的屈折形成は、レーザ光誘起によるものが広く使われています。2倍波イオンレーザや固体レーザ、エキシマレーザに代表される深紫外レーザは、その高い材料吸収率から最適とされ、特に高い可干渉性を充たすレーザが、ファイバーグレーティングにおける高い生産性を実現致します。 当社は、ファイバーグレーティング生産応用に最適な幅広い製品をラインアップしています。

レーザ活用のメリット

  • 高い可干渉性
  • 選べる用法
    • 二光束干渉
    • フェーズマスク(位相マスク)

ファイバーグレーティング概念図

ファイバーグレーティング生産
ファイバーグレーティング概念図

UVエキシマレーザを用いたFiber Bragg Gratingの応用例

UV光は、屈折のインデクスを永久的に変化させることにより、ウェーブガイドの伝送特性を変化させることができます。BraggGratingは、フィルタや波長選択素子、ファブリーペロエタロン等カスタム化された特有のプロファイルが製造できます。

ファイバーグレーティング生産
UVエキシマレーザを用いたFiber Bragg Gratingの応用例